Florihana フロリハナ

コートダジュールの中心で

フロリハナ蒸留所は、香水で有名なグラース市とカンヌからさほど離れていない、豊かな自然に包まれたコーソ-ル高原=プロヴァンス地方に位置しています。
蒸留所の建物は自然環境保護に配慮したフィンランド製の2対のログハウスで建築されています。
蒸留所は10ヘクタールの有機農場所有しラベンダーなどの芳香植物を栽培しています。
周辺の約1000ヘクタールの高原では野生の芳香植物のラベンダ-、タイム、セイボリ-などを採取しています。
自然環境保全は、創業以来蒸留所の主な目的としてフロリハナ製品の基盤にあります。

品質のコミットメント

フロリハナは設立以来、国際社会で認識される規則で定義された特定のルールを満たしているオーガニック製品を提供していま

欧州規則(EC)N°834/2007とその施行規則(EC)N°889/2008 et (CE) N°1235/2008

欧州規則(EC)N°834/2007とその施行規則(EC)N°889/2008 et (CE) N°1235/2008によりエコサートの認証を取得しています。

日本ではコントロールユニオンBVによりJASの認定を取得しています。

専門知識

フロリハナ蒸留所は、"フラッシュデタント"と呼ばれる革新的な技術を開発し、完成させました。
このプロセスは、アロマセラピーや化粧品の世界ではユニークです。
蒸留は40℃から80℃間の非常に低い温度で抽出を行うことが出来るので、揮発性の高い成分の分解を防止します。
それは、我々の期待をはるかに超え植物の持つ芳香成分を大きく変化させることなく抽出することができます。

レ-ザ-マ-キングによるオリジナル商品の保証

フロリハナのエッセンシャルオイル、キャリアオイル、ハイドロゾル(フロ-ラルウォ-タ-)の全てのボトル下部にレーザーマーキングを行っています。
レーザーマーキングは、インクや溶液を使用しない環境に優しいマーキングです。

フローラルウォーター

10年以上の専門知識をふまえフロリハナのフローラルウォーターは、ステンレススチールのろ過装置とガラスタンク、ボトルの有機アルコール洗浄から 0.2ミクロンの再滅菌ろ過重量充填、キャップリングとラベリングの包装ラインを組み合わせた新たなユニットでフローラルウォーターは生産されています。
ろ過滅菌の新しいユニットは製造工程における雑菌の侵入を防ぐことが出来ます。
各商品ページで全ロットの微生物検査結果が参照いただけます。

パッケージング

フロ-ラルウォ-タ-、キャリアオイルに使用されるペットボトル(ポリエチレンテレフタレート)は、耐紫外線性及び耐衝撃性、軽量(輸送費の軽減)と芳香分子への不浸透性のために選ばれました。
100%リサイクル可能であり、リサイクルのエネルギーコストは非常に少ないです。
ペットボトルのリサイクルは、新しいボトルの製造より平均60%少ないエネルギーを節約することができます。
エッセンシャルオイルに使用されるガラス瓶とアルミの容器(50g)は100%リサイクル可能です。
エッセンシャルオイルの金属容器は100%リサイクル可能です。

そのほかの商品